国際医療福祉大学赤坂心理・医療福祉マネジメント学部心理学科・実験精神病理学研究室 長谷川晃のホームページ
国際医療福祉大学赤坂心理・医療福祉マネジメント学部心理学科
実験精神病理学研究室

長谷川晃のホームページ



  • 新着情報:

    ・Journal of Rational-Emotive & Cognitive-Behavior Therapyで採択された筆頭著者の論文がオンライン上で公開されました。掲載ページにはこちらより飛べます。(2022年8月5日)
    ※本論文については、校正の段階において適切な修正がなされなかった箇所があります。現在修正の依頼をしていますが、その点に注意してご覧頂けたら幸いです。

    ・Journal of Rational-Emotive & Cognitive-Behavior Therapyにて、第1著者の論文が掲載されました。文献情報は以下の通りです。
     Hasegawa, A., Oura, S., Yamamoto, T., Kunisato, Y., & Fukui, Y. (in press). Preliminary validation of the self-report measure assessing experiences of negative independent and dependent event frequency in Japanese university students. Journal of Rational-Emotive & Cognitive-Behavior Therapy.
     ストレス生成仮説の検証に特化とした尺度である、ネガティブな独立・従属出来事尺度を作成し、その妥当性を検討しました。本尺度は、ネガティブな出来事を、対人従属出来事、非対人従属出来事、および独立出来事という3下位尺度から構成されます。本尺度を用いた研究の結果が、Hasegawa, Oura, Yamamoto, Kunisato, Matsuda, & Adachi (in press)で報告されています。(2022年6月28日)

    ・第2著者のプレプリントをアップしました。文献情報は以下の通りです。
     Takai, S., Hasegawa, A., Shigematsu, J., & Yamamoto, T. (2022). Do people who highly value happiness tend to ruminate? PsyArXiv. https://doi.org/10.31234/osf.io/4fe6k
     プレプリントはこちらで閲覧可能です。(2022年6月18日)

    ・過去の情報