東海学院大学人間関係学部心理学科・実験精神病理学研究室 長谷川晃のホームページ   

東海学院大学人間関係学部心理学科
実験精神病理学研究室

長谷川晃のホームページ



  • 新着情報:

    ・感情心理学研究に、大学院の修了生である下野さんの論文が採択されました。文献情報は以下の通りです。
     下野有紀・長谷川晃・土原浩平・国里愛彦 (2020). 大学生用ひきこもり親和性尺度の作成 感情心理学研究, 27, 2, 51-60.
     既存のひきこもり親和性尺度の限界点を改善した尺度を作成し、その信頼性と妥当性の検討を行いました。特に「ひきこもることへの願望」と「ひきこもる人への共感」という、ひきこもり親和性の2下位側面を区別して測定できることが、作成した尺度の大きな特徴です。論文はこちらで閲覧可能です。(2020年3月31日)

    ・感情心理学研究にて、大学院の修了生である矢嶋さんの論文が採択されました。文献情報は以下の通りです。
     矢嶋美保・長谷川晃 (印刷中). 家族機能が中学生の社交不安に及ぼす影響:日本の親子のデータを用いた検討 感情心理学研究
     中学生とその両親を対象とした調査を行い、社交不安の世代間伝達の過程には両親や中学生が評価した家族機能が関与していることを示唆する結果が得られました。研究室の中で、中学生を対象とした研究や親子を対象とした研究の論文が学会誌に掲載されたのは初めてのことです。(2020年1月24日)

    ・日本心理学会第83回大会で行ったポスター発表が学術大会特別優秀発表賞を受賞しました。発表の演題は以下の通りです。
     長谷川晃・杣取恵太・西村春輝・服部陽介・国里愛彦 (2019). 衝動的行為と反すうが抑うつを強める過程:行動的衝動性に対する潜在変数アプローチを適用して
     発表抄録はこちらで閲覧可能です。(2019年11月12日)

    ・過去の情報

  • 今後の予定:

    特になし。